看護士の仕事をしながら賢く転職する方法

私の知人は20代から看護師として職場で働き続けていますが結婚してからも仕事を続けていきたいと思っていたようで、実際に結婚してからも頑張って仕事を続けていたようです。

 

結婚した当時に職場から言われた言葉が子供が生まれた場合はやめてもらうということ、知人は子供が生まれても、子どもを託児所に預けながらでも働きたいと思っていたようです。

 

この仕事が本当に好きだということもあったようで、やっぱり夫婦二人で働いていた方が万が一何かあったときのためにも安心、そしてこれは知人の夫も同じ考えだったようです。

 

知人はは子供ができてからも働き続ける意思があったので、子供が生まれる前に転職をすることを考た、一回やめるよりも働きながらの転職を選んだようです。

 

働きながらの転職で最初に行ったことが、自分に合う職場であるということで看護師の求人自体が全国にもたくさんあり、困るものではないようです。

 

ですが自分に合う職場を探すとなると簡単には見付けることは難しいようで、条件等を挙げれば本当にきりがなく、知人が最も大切にしたことは子供が生まれても継続的に働けることのようです。

 

子供が生まれたら本当に色々な病気にかかったり、成長すれば行事があったりなど仕事を休んでしまわないといけないことが多くなるかもしれませんし、理解がある職場が、知人にとってすごく大切なことだったみたいです。

 

当初は自分で転職活動を行おうと思っていたらしいのですが、やっぱり働きながら転職するのはそうとう難しいのが現実のようです、それもあり知人が利用したのが転職支援サービスなのです。

 

普段からすごく忙しい中で転職活動を行ってしまえば、理想とする職場を見落とす原因となり、求めている条件等もチェックができなく転職に踏み切ってしまう可能性もある感じたようです。

 

転職支援サービスを利用してみて、知人の希望や条件等を明確に伝えることによって、理想とする職場を紹介してもらうことができたみたいです。

 

知人は実際に面接を受け採用されたようで勤務してみると似たような境遇の転職仲間が多かったみたいで、やっぱり早い段階で転職を決意して本当に満足しているみたいです、私もホッとしました。

看護士の転職の注意するところ。

私自身が看護師として職場で勤務し始めてから約5年が経過して、様々な理由で転職を考えるようになりました。

 

なんとなく転職をしたいと考えても、それで失敗したらあまり意味がないので、私は転職をするにあたって、注意しなければいけないところを事前に考えるlことから始めました。

 

そこで最初に最も注意したことは、その転職が本当に必要なのかということだったんです。

 

現在勤務している職場に生理的に嫌いな人がいるなどの理由で転職を考えていると、どこの職場で勤務してもまた同じで、職場の全員が自分と相性が合う人間とは限らないので、このような理由で転職を考えるのであれば一度 考え直した方が無難まもしれません。

 

私の場合はやっぱりキャリアアップしたいという思いが強かったので、その時に勤務していた職場ではちょっと無理なことから、やはり転職が必要と判断しました。

 

それから次に考えたのが勤務地のことです、どのくらいの距離であったら通勤できるかどうかをそれなりのに考える必要があると感じいましたし、私は当初の職場でけっこうな通勤時間があったんです。

 

最初に就職活動した頃は、絶対に合格したいという思いからも、それほど勤務地について深く考えていなかったですし、実際に通勤をし始めると片道が1時間半前後近くもかかってしまい、連日くたくたで通勤していたような感じでした。

 

純粋に居住地からの距離だけを考えるだけではなくて、似たような距離であっても立地によっても通勤時間がかわっていたんです。

 

今までよりも可能な限りで職場の勤務地は近いところを考えていたので、できる限り30分前後、どんなに離れていても1時間以内で通勤が可能なところに絞りました

 

今の私はキャリアアップを図りたいと考えてはいますが、現在勤めている診療科を変更することは断念しました。

 

現勤務地の診療科を変えてしまったら業務内容が一気に変わり、通ってくる患者層も異なり診療や検査内容、患者さんへのケア方法や観察を行わないとならないことも一気に変わってしまいます。

 

本当に一からの考えで、さすがにキャリアアップを考えたいとはいえ、最初からやり直すことは注意が必要と思ってました、このようなことを注意しながら、私は転職を考えていました。

看護士が転職で給料アップする為に必要なこと

私は大学を卒業した後に、希望した看護師になりました、それから7年ほどは同じ職場でずっと勤務していたのですが、やはり少しずつ毎日の仕事に慣れてくると、給料アップはどうすればが可能なのかと少しずつ考えるようになりました。

 

世間一般的なOL等と比べるてみると看護師の給料はやはり高いと言われているんですが、現在よりも給料アップをしたいと思うのは誰でも一緒だと思うんです。

 

そこで最初に私は各種の手当を位置からすべて見直すことを決め、給料の内訳も再度見てみたのですが今までほとんど考えていなかった分、内訳詳細をしっかりと熟知するとは自分の給料アップにつながる本当の第一歩と認識しました。

 

夜勤手当等やまた危険手当といった様々な手当てが十分に支給が行われているのかどうかもすべて見直しました。

 

また次に私自身が考えたことは資格を取得すること、専門看護師や認定看護師などの様々な資格があるのですが、このような資格があると当然のことながらお給料はアップするんです。

 

それで私は資格取得を考えて行動して、約2年後には晴れて念願の資格を取得したんです、それで次に考えたのが転職なんです。

 

私が取得している資格を生かすことの出来る職場はもっと他にもあるのではと思いましたし、それまでに勤務していたところは人間関係はすごく良好でしたが、でも肉体的、精神的にそれほど余裕がなくて、勤務以外のプライベートの時間の確保がむずかしかったんです。

 

自分が考えるライフスタイルにそった勤務の仕方が非常に重要だと考えていました。

 

私が転職で一番に利用したのは転職支援サービスで、私自身が資格を取得していることを伝えると、転職支援サービスのスタッフの方々は有利に働けるだろうということを教えてくれたんです。

 

そこは資格を持っている人を最も優遇してくれる職場であって、尚且、私が希望する条件に合う勤務地を探し出してくれたんです。

 

私は勤務しながら転職活動を行って、休日を活用して面接にも積極的に出向き、以前は転職は本当に難しいと考えていたんですが、転職支援サービスを活用したことによりスムーズに進めることができて、何とか無事に転職活動を成功させることができました。

 

今現在は以前の職場よりも本当に自分が希望する給料アップができて、すごく満足してとて毎日が充実しています。

看護士が転職したいと思うキッカケ

私は以前、看護学校を卒業した後、直ぐに公務員看護師として採用されたのでそれから約8年ほど働いたんです。

 

当初は毎日覚えるがあり必死で無我夢中で仕事をこなしていたのを覚えており懐かしいです。

 

また約3年ほど経過して少しずつ看護師として自信も持って仕事ができるようになり毎日も楽しくなってきましたが、5年ほど働いた時にふと、まだ年収がアップできるところに勤務したいと考え始めました。

 

当時の勤務地は人間関係も良好で、けっこう居心地も良く、なかなか行動を起こすことができできなかったんです。

 

それから年数ごとに役職等もついて自分が後輩を教育する側の立場になって仕事量も増えていく中で、当初自分が何がやりたくて看護師になったのかとふと疑問を抱くようになっったんです。

 

それから現勤務地の病院にこだわる意味があるのだろうかと毎日考えるようにもなり、私は以前に公務員看護師として働いていたののあり、今のまま定年までこの病院で勤務すれば、けっこうな退職金も貰えることも分かっていました。

 

でも今ままここでは働くことが難しいと感じたのが転職を決意した一番のキッカケで、また私自身はスキルアップ、キャリアアップしたいと毎日考えるようになっていたのです。

 

看護師として今後の人生を考えたときに、やっぱりスキルアップやキャリアアップの転職を希望する看護師は本当に多くいるようで、これはすごく前向きな理由の一つだと実感しました。

 

まずは実際に転職を考える前に、私はより具体的なプランを少しずつイメージすることから開始して、キャリアアップを目指す際にも少しネックとなる学費や教材代などの金銭的な問題も考えないといかません。

 

また仕事と学業をそれぞれ両立しないといけないので、このような場合には職場による理解が一番必要だと実感したんです、交渉次第ではネックである金銭面を考慮して、勤務調整等をしてくれる職場も実際にはあるみたいですので、このようなサポート体制が充実している病院を探して転職したいとも考えておました。

 

そこで私が考え最初に利用したのが転職支援サービスなんです、私がおもっている望を伝えることで、相手側の病院との交渉、日程調整等も行ってもらうことができたので本当にビックリするほどスムーズな転職活動を行うことができました。

看護士転職、アルバイトやパートでも可能?

当初は別の病院で看護師勤務をしていた私だったんですが、子供が生まれたのを機に出勤が可能な日数がどうしても限られてしまった事でかんがえた挙句一旦 別の病院でアルバイトという形により数年間の勤務を行っていました。

 

そのころ子供も小学校に入学して、それまでの子育ての時間も少しずつ解消できたいう事から、もう一度考えて正社員として看護師としての仕事に就きたいと考えるようになりました。

 

でも今の病院ではアルバイトから正社員の立場になってしまうと急に子供が何かあった時などの対応がしにくい職場でもあり、正社員になる事は可能とはいえ正直現在の職場で正社員になる気はあまり起きませんでした。

 

それで私は転職を考えたのですが正直なところ経験があるとはいえ数年間アルバイトとして看護師勤務をやっていた身でもあることから、仕事内容もアルバイトとは当然異なってきますし子供もいることから転職に成功するかどうかなどはかなり微妙と考えていたんです。

 

そのような意味ではそれなりの覚悟を持っての転職でしたが、結論から言うと自分が希望の職場に何とか無事転職する事が出来ました。

 

というのも現在、世間では看護師不足ということありアルバイトやパートからでも経験がある人であればそれなりに採用がされやすいようで、特に私の場合などはアルバイトという形の以前に数年間正社員をやっていた経歴もあって、面接の際には出来ればすぐにでも来てほしいといった流れでした。

 

やはり正社員に転職した事により、アルバイトの時に比べるてみると忙しくはなったんですが、現職場は本当にしっかりと週休二日制の確保がされているので、休みは十分に確保できましたし、また子供が小学生ということで緊急でも職場を抜ける事も可能性として当然あるのですが、今の職場ではそのようなことを十分理解してくれているのも本当にポイントとして高いんです。

 

以前の職場では特に正社員の看護師の人ならば子供に緊急なことがあっても、勤務中に中々抜けられないといった職場だったんですが、病院によってはこんなに対応が異なるのかと正直驚きました。

 

今では看護師という職業は全体的にも売り手市場なので、正社員ではなくてもアルバイトやパートの人であろうとも今の職場に自分が不満があると感じる場合、少しでも積極的に転職を考えてみるのも必要だと感じました。